オリーブの葉

日本獣医循環器学会の認定医による信頼性のある診断、治療を行います

循環器内科を中心に、病気と向き合う毎日をサポートします。
循環器外科が必要な場合には、2次病院などと協力し、
その子にあったより良い治療法を提案していきます。

心臓が悪いと言われたら

  • 心臓のどこが悪い?
  • どのような治療が必要?

まず「病気について正しい理解」をする事が大切です。

心臓は体の中でいちばん大切な部分です。
「心臓が悪い」と言われると大きな不安を抱いてしまいます。
しかし病気について正しい理解をする事で、その不安や悩みを解決することができます。

心臓検査

  • レントゲン検査

    心臓の大きさや肺の評価を行います。

  • 超音波検査

    病気の特定や重症度の評価を行います。

  • 心電図検査

    不整脈の評価を行います。

  • 血液検査

    心臓機能に影響を与えるホルモン(BNP,T4,etc)の評価や、肝機能、腎機能などの評価も必要に応じて実施します。

心臓病

僧帽弁閉鎖不全症

心臓の中の部屋を分けている弁が悪くなることで、血液の逆流を生じて血流が悪くなる心臓病の1つです。
特にチワワなどの小型犬に多く認められる病気です。
僧帽弁という弁が年齢とともに悪くなることが多く、初期には症状を示しにくいものの、
悪化することで咳をしたり場合によっては呼吸困難になることもあります。
この病気は完治することが難しいため、食事や生活の改善、
そして適切な投薬によって病気をコントロールしていくことが大切になってきます。

  • レントゲン

    心陰影の拡大と僧帽弁領域の拡大が認められます。

  • 超音波

    僧帽弁からの逆流が生じています。

動脈管開存症

動脈管という血管が生まれた後も残ってしまう先天的な心臓病の1つです。
この血管は、お母さんのお腹の中にいる間は大切な役割を果たしていますが、生まれた後は閉じてその役割を終えます。
しかしながら、何らかの原因で正常に閉じなかった場合、異常な血流を生じて心臓に負担をかけてしまいます。
手術を行うことで完治できる病気ですが、
心臓に負担がかかり過ぎている場合には、手術後にも異常が残ってしまうことがあります。
病気を早期に見つけ、適切な治療をすることが大切です。

  • レントゲン

    心陰影の拡大が認められます。

  • 超音波

    肺動脈内に連続性雑音という動脈開存症に特徴的な異常血流が認められます。